‘2014/08’ カテゴリーのアーカイブ

医療保険金の詳細解説

2014/08/04

自動車事故に遭いますと過失の割合によって相手方から賠償金を受け取ることができます。自分の過失については人身傷害保険に加入していたならそこから受け取ることができます。それ以外には搭乗者保険からも受け取ることができます。つまり人身傷害保険や搭乗者保険は過失割合に関係なく受け取ることができる保険ということです。

 
これらは自動車保険関連の保険ですが、多くの人はそれ以外にも保険に加入しているはずです。例えば生命保険や損害保険です。これらの中に医療保険があります。
この保険は医療という名称からわかるように自動車事故に関係なく支払われる保険です。このことはつまり過失割合に関係なく支払われることですので自動車保険とは別枠で支払われることを示しています。もっとわかりやすくいいますと、怪我を治すために支払われる保険ということです。

 

こうしたことからわかるように交通事故に遭い怪我をしますと、相手方からの賠償金と人身傷害保険で自分の過失分の保険金と損害保険や生命保険からの医療保険金も支払われることになります。普通の人が思うよりも多額の保険金を受け取ることができます。
ただし、注意が必要なのは自分で申請する必要があることです。交通事故関連の保険は保険会社が手続きを教えてくれることがあります。しかし、生命保険や損害保険の医療保険はそうではありません。そのことを覚えておくことはとても大切です。

 

 

 

 

介護費用保険金の詳細解説

2014/08/04

自動車事故によって、契約中の自動車に乗っていた人がケガを負い、そのケガが治癒した後にも身体や精神に何らかの後遺障害が残ってしまった場合については、自動車保険のなかから後遺障害保険金が支払われます。
この後遺障害保険金は、例えば上肢や下肢の切断や麻痺、視力低下や失明、言語障害などといった障害が適用の対象となり、その障害の程度に応じて保険会社で等級を判断し、等級ごとにあらかじめ定められた金額が支払われるというのが通例です。

 
しかしながら、同じ身体の障害のなかでも神経系統が損傷した場合などについては、意思能力が極端に低下してしまったり、麻痺の程度が深刻なために自力で生活することが困難になってしまい、常時、または食事や排泄、入浴などの大きな動作を伴う際に限り、他人の介護が必要となることがあります。

 

こうしたケースでは、通常の障害よりも介護費用などの生活上の出費が必要となり、肉体的・精神的な苦痛もより大きいと考えられるため、特別に保険金を割増するのが介護費用保険金と呼ばれるものです。保険の種類によって当然に内容は異なりますが、例えば後遺障害保険金の6割相当などとして、約款のなかで割増の具体的な数字を定めているのが一般的です。

 

 

 

 

 

後遺障害保険金の詳細解説

2014/08/04

後遺障害保険金とは自動車事故の結果、後遺症と急性期症状が治癒した後もなお残ってしまった機能障害や神経症状などの症状や障害に対して支払われる保険金のことを言います。自動車損害賠償保障法施行令に後遺障害が規定されています。その障害の重さや生活に対する影響、今後の仕事や収入に与える影響などから1から14の等級に分けられています。神経系に著しい障害がある場合など介護を要するような重い障害は1級で4千万円になります。2級で3千万円です。後遺障害診断書を保険会社に提出することによって等級が決定されます。

 

後遺障害診断書は保険会社から急いで提出するように言われても提出を焦らずにじっくり時間をかけて、医師から出された診断書をこの分野に詳しい行政書士や弁護士にチェックしてもらってから保険会社に提出する方が結果的に有利になることがあります。また自賠責保険上の後遺障害等級に該当しなくても裁判で後遺障害として損害賠償請求が認められた例はあります。

 

 

交通事故の加害者が加入する自動車保険から支払われた損害賠償金は事故の被害者が被った損害を穴埋めするものとして支払われる性格のあるお金なので非課税となります。同様に被害者が加入している自動車保険から支払われる保険金も非課税となります。

 

 

 

 

 

死亡保険金の詳細解説

2014/08/04

自動車保険の死亡保険金についてですが交通事故で家族を亡くしたり残された遺族は加害者によって損害賠償が受けられます。これらは通常は遭遇する可能性はほとんどありませんので、よくわからないことが多いでしょう。交通事故でなくなった場合の損害賠償金の決定については、相手が加入している自賠責保険の場合は被害者1人につき3000万円までもらうことができ、それ以上は任意ではいる自動車保険から保険金が支払われることになります。

 

損害賠償金の計算方法については、自賠責保険の支払い基準を見て決定されます。自賠責は葬儀費用、慰謝料などが含まれます。葬儀費用はちなみに60万円でそれ以上超えることがわかっている場合には100万円の範囲での支払いとなります。自賠責保険の支払い基準が支払い限度額を超える場合には、任意の保険から支払われることになります。

 

計算方法はその人の収入なども関係して計算をしていきます。その人が年間どれくらい収入があったのか、そして慰謝料、遺族への慰謝料も最高950万円という値段でつくことが多くこれで算出して支払い総額が決定することが大きく、自賠責以外にも、任意の保険からの支払いも多いにありえることが大半です。支払われ方は一括で支払うこともあれば、示談で話し合いをした上で決定することもあります。

 

 

 

 

 

 

充実の補償内容と詳細

2014/08/04

自動車保険はいざというときのために掛けるものですから、手厚い補償が受けられるように内容について考慮することが大切です。しかし補償を手厚くすると保険料が割高になるのが普通ですから、自動車を利用する目的や走行シーンに合わせて契約内容を判断することが大切です。

 

手厚い補償であっても保険料が高すぎると良い保険とはいえませんので、加入者のスタイルに合わせて選ぶことが大切なのです。最近ではダイレクト型自動車保険に加入する人が増えていますが、保険料の安いだけが良い保険ではありませんのでしっかりと詳細を把握し契約内容を決めることが大切です。

 

補償内容が充実していれば事故の際にも安心できますが、必要以上に補償を手厚くしても無駄が多くなります。最近では、保険会社ではなく代理店を利用して比較やアドバイスを受けることも可能となっています。たくさんの保険会社の商品を比較することが可能ですし、最適な補償を探すためのアドバイスを受けることも可能です。

 

自動車保険は複雑でたくさんの補償の中から選ぶことになるため、知識のない人は最適な保険を見つけることが難しくなります。経済性を求めればダイレクト型も良い選択ですが、保険に詳しい代理店を利用するのも良い方法なのです。

 

 

 

 

 

支払われない場合の対処法

2014/08/04

交通事故に遭って負傷や死亡をした場合は人身事故の被害者となり、加害者から保険金が支払われることになります。
まずは自賠責保険から支払われることになるのですが、支払われないこともあります。
支払われない理由としては、赤信号で止まっっている車に自ら追突した場合、信号無視で交差点に進入し青信号で侵入してきている車と衝突した場合、また追い越しなどでセンター線を超えて走行し対向車線を走行している車と衝突した場合です。

 
その時はけがをした本人が事故の原因を作ったのでいくら自分が負傷したりしても保険金は支払われません。
そしてこれらの理由以外の事故なら自賠責保険は被害者の救済が目的なので、被害者の過失はほとんど考慮されずに支払われます。

 

a0002_002041

しかし一般的に加害者に過失がある状態で相手を負傷させているにもかかわらず保険金が支払われなこともあります。
その場合の賠償金は高額になり、自賠責保険だけでは足りなく任意保険から支払われることになります。

 
加害者が任意保険に加入していない場合は自費になりかなり高額になります。
そのような場合は加害者が理由を作って自分には非がないとごねて賠償金を支払わずに済むようにしている場合もあります。
そのようなときにはまず自分の保険会社の人に相手の方に出向いてもらい示談を成立させてもらうか、それでも無理なら、場合によっては裁判を起こすことも考えられるでしょう。

 

 

 

 

支払いと確認について

2014/08/04

自動車事故によって被害があった際に頼りになるのが自動車保険です。自動車保険には自賠責保険と任意保険がありますが、一般的に自賠責保険では補償しきれないことが多いので任意保険を掛ける方が多いようです。自動車保険による補償の支払いは事故が保険会社によって確定され、示談交渉が終わった後に行われます。

 

示談ではお互いの過失割合への同意が求められ、過失割合によって補償の金額が変わります。補償については保険内で支払われますが、足りない分については自己負担となります。自己負担を求める際、相手に支払えるかどうかの判断がつかない場合や拒否された場合は裁判となることも少なくないようです。事故によって自動車保険を利用した場合には等級が下がります。

 

自動車保険の等級は7から始まり20まで用意されています。各ランクによって保険料の減額が行われます。ランクは1年に1上がりますが、事故で保険を利用すると3つランクが下がることになります。また、7よりも下のランクになる場合、減額はほぼなく、追加料金となることが多く、下がりすぎた場合には保険自体の更新が出来ないことも少なくありません。また、保険を新規に契約する際も7よりも下の場合は保険に加入できないこともあるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

保険金の請求について

2014/08/04

自動車事故によって損害が発生した時に頼りになるのが自動車任意保険です。自賠責保険もありますが、補償には足りないことが多いようです。自動車任意保険は国内の自動車任意保険会社である程度統一された基準が設けられています。1つ目は等級制度です。自動車任意保険は7等級から始まり、20等級まで1年に1つづつ上がります。ただし、事故で自動車任意保険を利用した際には3つ下がることになっています。各等級で保険料の減額が行われます。2つめは事故の際の保険金支払いの支払基準です。保険金の支払いは示談が終わってから行われますが、示談までに事故の過失割合が話し合われます。

 

多くの場合、保険会社同士が話し合いを持ち、示談までに提案されることになります。示談ができれば書く保険会社や個人に請求となります。保険の適用範囲についてはどの保険会社でも同様の基準となりますが、自動車任意保険のオプションについては各保険会社で独自に設定していることが多いので保険を利用する際には、オプションについても保険金支払い等を忘れずに申請することが必要です保険は保険会社の担当が金額等を決めていきますが、オプションについては申告がなければ適用されないことも少なくないようです

 

 

 

 

 

被害者・保険加入者と情報提供

2014/08/04

道路を運行する車両のすべてに加入が義務付けられている自賠責保険は、実際には民間の損害保険会社などが受付窓口になってはいるものの、自動車損害賠償保障法という法律によって、国家的な制度として運用がなされています。
このため、自動車事故に遭い、被害者または保険加入者のどちらかから自賠責保険に対して保険金の請求がなされたときには、担当している保険会社から、保険金の支払基準やその手続きの概要、保険金に関するトラブルを解決するための紛争処理制度の概要などを記した書面を受け取ることになっています。

 
いっぽう、保険金が実際に支払われる段階でも、その支払金額のほか、後遺障害があるときはその後遺障害等級と判断した理由、運転手の過失などで保険金が減額されるときは減額割合と判断理由、さらに不服の場合の異議申立の手続きなどについての書面が交付されることになっています。保険金が何らかの理由で支払われないことが決定した場合についても、その判断理由について開示することになっています。

 
自賠責保険の場合、以上のような項目に加えて、さらに追加で詳細な情報が必要であれば、損害保険会社へ請求することができるという制度があるため、保険金について疑問がある場合には、こうした情報提供制度を活用することも念頭に置く必要があります。

 

 

 

 

最近の投稿