‘2016/02’ カテゴリーのアーカイブ

車種ごとにそれぞれ一番最適なサスペンション形式が採用されている理由

2016/02/16

自動車には路面追随性を高めることと、乗り心地をよくするためにサスペンションが取り付けられています。
基本的に自動車のサスペンションはスプリングとショックアブソーバーがあり、ショックアブソーバーはスプリングの振動を減衰するためのもので、これがなければ自動車はいつまでも揺れている状態になります。
これらサスペンション形式は車種によっていろいろあります。乗用車でよく利用されるものはストラット式サスペンションです。これは簡単でコンパクトな設計で安価にできることから多く採用されています。
より路面追随性を高めたものがダブルウィッシュボーンです。スポーツカーや高級車にも採用されているものがありますが、タイヤが上下引導する際に角度ができるだけ一定のまま上下するために路面追随性が高いのです。
またダブルウィッシュボーンにより多くのリンクを加えたマルチリンク式サスペンションがあり、よりきめ細やかなセッティングが可能となっているのです。
このようにサスペンション形式は車種の特長を生かすもので、走行性能や乗り心地に影響があります。サスペンションが柔らかいと乗り心地が良いのですが、コーナーリングなどロールが大きくなります。逆にサスペンションが硬いと乗り心地は悪いですがコーナーなどはやく走ることが可能です。

後輪駆動方式の種類

2016/02/16

自動車の後輪駆動方式は、エンジンの搭載位置によってフロントエンジン・リアドライブ方式、ミッドシップエンジン・リアドライブ方式、リアエンジン・リアドライブ方式の3種類に分類されます。
フロントエンジン・リアドライブ方式は、車体前部にエンジンを搭載し、プロペラシャフトを通して後輪に駆動を伝えるシステムで、スポーツタイプの車や高級車などで多く採用されている駆動方式で、比較的大きな排気量のエンジンを搭載する事ができます。
また、フロントエンジン・リアドライブ方式の中に、エンジンの重心が前輪軸よりも後方にあるレイアウトはフロント・ミッドシップと呼ばれる駆動方式もあります。
ミッドシップエンジン・リアドライブ方式は、車体の中心部付近にエンジンを搭載して後輪を駆動するシステムで、車体の重量バランスが安定しているので回頭性が上がり、スポーツタイプの車の他にもフォーミュラカーなどにも採用されている駆動方式です。
リアエンジン・リアドライブ方式は、車体後部にエンジンを搭載して後輪を駆動させるシステムで、加速時や発進時に駆動輪にかかるトラクションが優れているほか、安定したブレーキングも可能なので、一部のスポーツカーに採用されています。

コンパクトカーなどに採用されているベンチレーテッドディスク

2016/02/16

ディスクブレーキとは、車輪と共に回転するブレーキローターをパットによって挟み込むことでブレーキをかける仕組みのことです。さらにベンチレーテッドディスクとは、ブレーキローターを通常の1枚から2枚にしてその間にフィンを入れるなどして、ブレーキをかけたことによる摩擦熱の放出にも優れた特徴を持つディスクブレーキです。

ブレーキローターをパットで挟むと熱を持つことが多く、それが原因としてフェード現象を引き起こすことが多いです。そのため、発生した熱をいかにして逃がすかが課題となります。

また摩擦粉の発生もあるため、ローターの放熱・冷却対策としてローター表面に穴を開けたり、溝を刻んだりすることも多いです。ただブレーキが利くまでにスムーズに安定した制動力が得られることも優れています。

ドラムブレーキと比べても制動力が弱いこともあり、拘束力を維持するためには大きなブレーキペダルの踏み込みを必要とするケースも多いです。そのため大型車では主ブレーキとして採用されることも少なく、コンパクトカーの主ブレーキとして主に採用されています。

なお小型車では前輪駆動が普及しているので、前輪をベンチレーテッドディスクによるブレーキとして、後輪をドラムブレーキで併用しているケースも見られます。

乗り心地を上げるマルチリンク式コイルスプリング

2016/02/16

ご存じの通り、車には必ずサスペンションという物が装着されています。サスペンションとは何かというと、サスペンションアーム、スプリング、ショックアブソーバーという物から成り立っているスプリング状の物です。タイヤとボディーの間に取り付けて、車高を調節したり、走行時のショックを和らげるといった役割を果たしています。このスプリングには、一般的には3種類に分けられます。当然ながら、それぞれの特徴があり一概に良し悪しを語る事は出来ません。マルチリンク式コイルスプリングは、全てのアームが独立して調整出来るという特色があります。これによって、セッティングをそれぞれに出す事ができるのです。ファミリーカーなどの乗用車タイプには、個々にセッティングをする必要は余り有りません。しかし、高性能前輪駆動車であったり、パワーの強い後輪駆動車になると制御が難しくなって来るのです。当然ながら、細かいセッティングが出来る事から乗りも微調整で変えられるというのも魅力の1つです。このタイプのサスペンションは、比較的早い時期に高級車に搭載されていた事から高性能の車の安定性を得る為の選択肢としても適していると言えるのでは無いでしょうか。

安定感を保つダブルウィッシュボーン式コイルスプリング

2016/02/16

スポーツカーや高級車などのサスペンションに、よくダブルウィッシュボーン式コイルスプリングが使われています。ダブルウィッシュボーン式コイルスプリングというのは、上下一対のアームでタイヤを支持する独立懸架に分類される形式のサスペンションで、見た目が鳥の鎖骨の形に似ていることからダブルウィッシュボーンと呼ばれています。

ダブルウィッシュボーン式コイルスプリングの特徴は、タイヤが上下動するような動きに対して、キャンバー角をほぼ一定に保つことができるため、接地面が維持されて安定した走りが実現することです。また、キャンパー角に変化が少ないので、タイヤと路面の間のグリップ力の変化も少なくなるために、スポーツカーのようなクイックなハンドリングにも対応しやすくなります。さらに、多くのクルマで採用されているストラット式と比較すると、カーブを曲がるときに、曲げの力がスプリングやダンパーユニットにかからないので、ストロークがスムーズになるという特徴もあります。

前後輪共にダブルウィッシュボーン式コイルスプリングを採用しているクルマがほとんどですが、コストがアップしてしまうことや、エンジンルームやトランクルームの容積が制約されてしまうなどのデメリットもあります。

サスペンション・ブレーキ・駆動方式について

2016/02/16

自動車にはサスペンションという部品が取り付けられていて主にショックアブソーバーとスプリングで構成されていてます。ショックアブソーバーとスプリングが一体式のものとショックアブソーバーとスプリングが別々に取り付けられている(主にリア側)ものがあります。
スプリング(バネ)が主に走行中の路面からのショックを吸収しますが、それだけだと上下運動が続いてしまうのでショックアブソーバーがスプリングの伸び縮みの動きを制御するのが主な仕事であり、車の運動性能の決め手としてサスペンションは大きな役割を果たします。
次にブレーキについて、車を止めるための制動装置でありディスク式とドラム式が主になります。ディスク式は放熱性に優れていてドラム式は絶対的な制動力に勝りますが放熱性がディスク式よりも劣ります。
坂道などでブレーキを多様すると温度が上がりすぎてフェード現象を引き起こし制動力を発揮しなくなります。
サスペンション、ブレーキ共に日々の点検と必要ならば新品への交換が必要となり、これを怠ると重大な事故を引き起こすとても重要なパーツです。
また、自動車にはFF,FR,MR,RR,4WDなどの駆動方式があり、FFはフロントにエンジンが搭載されていてフロントのタイヤで駆動します、FRはフロントにエンジンが搭載されていてリアのタイヤが駆動します、RRなどはリアにエンジンが搭載されていてリアタイヤが駆動します。
MRはミッドシップとも言いRRほどではないにしろエンジンがリア側にあり、重量配分の最適化による運動性が高いという利点があり、4WDは4つのタイヤで駆動するため悪路に強く車体の安定性に優れています。???? Vol.10 ????

速度に関係する減速比とは

2016/02/16

変速比および減速比というものは自動車の性能に関与する内容に大きく関与しており、素人には難しい事柄として世間では認知されています。しかし運転の経験を少しでも持っているならば、用語だけでも知っておくことが大事なのです。また表現を統一するようなメーカー側の配慮というものが大事な部分にもなっているので、ギヤによる大きさや違いについても冷静になって確認する姿勢が重要です。
その一方で減速比を自転車に例えて説明していくようにすれば、誰でもわかりやすい展開が生まれていきます。イメージとしてはこぐペダルの回転数に関連する前後のパーツが主になり、この2つの大きさの違いによってバランスよく加速や減速ができるようになっているのです。前後の大きさをあえて変えるようにすれば、走行中にスムーズな展開にも結び付けるような展開も生まれていくようになります。
それから減速比の中身を完全にマスターしていくようになれば、タイヤへの影響も良い方向へ出ていくのです。エンジントラブルやバッテリー故障を防ぐためにも、減速比における概要を詳しく確認していくような段階が重要になります。速度の内容は自動車には不可欠な問題であるため、じっくり捉えることが大事です。???? Vol.6 ????????

変速比という性能について

2016/02/16

変速比とは、車のエンジンや自転車のギア一回転ごとにタイヤが何回転するかを決める数値の事でギア比とも言います。
エンジンは高速で回転するのですが、その分力が弱いためエンジン或いはギアの回転をゆっくりにして強い力が出せるようにするのです。

変速比には計算方法があり、受動と駆動を割り算するとどれ位の数値なのか計算できます。
歯数15のギアが後ろのギアを回し、歯数45のものが前の歯車に回されるなら45を15で割り算するので変速比は3ということになります。
自転車のペダルを漕ぐ力が30kg、変速比が3の場合30を3で掛け算して90kgもの力になります。
ただし、力が増える分回転数は減ります。
回転数は計算結果の3で割ればいいのでペダル一回転あたりギアは3分の1回転することになります。
自転車のギアの数値が高いほどペダルが重くなりますが、その分少ない漕ぎ回数でスピードを出せるのはこの為です。

回転数3000のエンジンの車が1速で走る場合は坂道でも簡単に登れますが時速はたった20キロしか出ません。
反対に3速で走る場合は時速60キロものスピードが出ますが、坂道では減速します。
変速比は大きければ力が強くなって回転数が減り、小さければ回転数が増えるが力が弱まる、ということです。

変速比・減速比の役割について

2016/02/16

車の駆動は、エンジンの回転力をトランスミッションとデファレンシャルギアの2つのギアを介してタイヤに伝えています。変速比と呼ばれるのはトランスミッションのギア比で、減速比はデファレンシャルギアのギア比のことです。
ギア比とは、入力側のギアの歯の数と出力側のギアの歯の数の比(出力側のキアの歯数÷入力側のギアの歯数)のことで、これが1の時には、入力側と出力側の回転数とトルクが同じです。なお、トルクとはエンジンの発生する回転力のことです。
ギア比が、1よりも大きい時には、入力側の回転数より出力側の回転数が小さくなり、出力側のトルクは大きくなります。ギア比が1より小さい場合には、出力側の回転数が大きくなり、トルクは小さくなります。式で書きますと、入力側の回転数÷ギア比が出力側の回転数で、入力側のトルク×ギア比が出力側のトルクです。
トランスミッションは、3速から多いものでは7速かそれ以上の変速比を選べる構造をしています。車の発進の時には、回転数よりも強い回転力(大きいトルク)が必要ですから、1速は一番高い変速比となっています。速度が増すに従ってトルクは小さくても走りますので、変速比を低くしてタイヤの回転数を増します。デファレンシャルギアは、エンジンとトランスミッションを通して伝わってきた回転数をタイヤに伝わる前に最終的に落とすためのギアです。こうして、エンジンの力を適切にタイヤに伝えることができます。???? Vol.10 ????

車の足まわりの情報からわかる車の状態

2016/02/16

自動車を走行していると、必ず路面と設置しているタイヤがあることによって、足回りのパーツ類から何かしらの情報を得ることができます。例えば走行中に左右で異なる音が発生してしまうことがあります。その音の中にはタイヤの回転に合わせて聞こえるような状況もあり、このケースでは該当する場所のタイヤをチェックする方法があります。タイヤの溝などに異物がはさまっている状態が多く、速やかに取り除く方法で解決させることができます。また、ステアリングをしっかりと握っていても、左右のどちからに車体が動いてしまう場合もあります。この状態であればタイヤの空気圧を見る方法があり、常に適切な空気圧を保つ方法で問題を回避させることができます。足回りに関してはブレーキに関連する内容もあります。パッドなどが擦り減ってしまっている場合では、一般的な車種の場合では敢えて異音を発生させる仕組みに仕上がっていることから、できるだけ早い段階でパッドを交換することで対処できます。他にもショックの異常やサスペンションの不具合などもありますが、足回り周辺から普段とは異なる音や状態を確認することができたならば、整備工場などに持ち込みを行って対応してもらうことが基本です。???? Vol.10 ????

最近の投稿