二十四の瞳映画村に行こう!

香川県にある小豆島は船でしか行くことができませんが、とても多くの観光スポットがあり、時間を忘れて楽しむことができます。中でも二十四の瞳映画村は小豆島を代表する観光スポットと言っても過言ではありません。二十四の瞳は1952年に壺井栄により小説として発表され、2年後に映画化されました。二十四の瞳映画村は、古き良き昭和の世界を楽しむことができ、映画が好きだった人でも初めて訪れた人でも十分楽しめます。二十四の瞳を見たことがない人ならば、映画村で見ることができます。1954年に発表された二十四の瞳が上映されています。映画の撮影用セットや1950年代の昭和映画黄金期と呼ばれる時代が紹介されています。二十四の瞳映画村を訪れるのであれば、春がおすすめです。春は気候が良く、一番過ごしやすい時期です。二十四の瞳映画村でおすすめの食べ物ですが、醤油ソフトは是非食べてもらいたい一品です。ソフトクリームに醤油が混ぜられたおり、甘辛い食感を得ることができます。あとは、食事処では懐かしい給食セットを味わうことができます。他にも地元の名産を活かしたメニューが数多く取り揃えられており、見ても食べても楽しめるスポットです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿