安定感を保つダブルウィッシュボーン式コイルスプリング

スポーツカーや高級車などのサスペンションに、よくダブルウィッシュボーン式コイルスプリングが使われています。ダブルウィッシュボーン式コイルスプリングというのは、上下一対のアームでタイヤを支持する独立懸架に分類される形式のサスペンションで、見た目が鳥の鎖骨の形に似ていることからダブルウィッシュボーンと呼ばれています。

ダブルウィッシュボーン式コイルスプリングの特徴は、タイヤが上下動するような動きに対して、キャンバー角をほぼ一定に保つことができるため、接地面が維持されて安定した走りが実現することです。また、キャンパー角に変化が少ないので、タイヤと路面の間のグリップ力の変化も少なくなるために、スポーツカーのようなクイックなハンドリングにも対応しやすくなります。さらに、多くのクルマで採用されているストラット式と比較すると、カーブを曲がるときに、曲げの力がスプリングやダンパーユニットにかからないので、ストロークがスムーズになるという特徴もあります。

前後輪共にダブルウィッシュボーン式コイルスプリングを採用しているクルマがほとんどですが、コストがアップしてしまうことや、エンジンルームやトランクルームの容積が制約されてしまうなどのデメリットもあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿