バッテリーは必要不可欠!車を働かせるために必要な要素とは

車はガソリンを使ってエンジンを動作させる内燃機関を利用して走行する機械的な印象が強いですが、バッテリーを利用した電気的な要素も含まれています。そのため、この性能次第では車は走行どころかエンジンすらかけることができなくなってしまいます。
車のエンジンは吸入・圧縮・燃焼・排気の手順を踏んで動作しています。ここで燃焼以外の手順は機械的な動作で行われるため電気的部品であるバッテリーは影響しませんが、燃焼の動作は点火プラグと呼ばれる部品が火花を発生させ、それがガソリンと空気の混合気体に触れることで起きます。そして、この点火プラグは電気を必要としますのでバッテリーのあがった車はエンジンの動作が停止したりエンジンがかからなかったりします。
もちろん、エンジンの始動に限らずヘッドライトやハザードランプなどの部品やオーディオ関係も電気で動作しているため、それらの動作にも必要不可欠な存在となります。
また、近年ではハイブリッドカーや電気自動車といった電気的な動作に重点が置かれている製品も多くなってきているため、今後もバッテリーの必要性はますます増加していく傾向にあります。さらに、これまでは鉛蓄電池が主流でしたが、今後は様々な種類のものが幅広く利用されるようになるとされています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿