コンパクトカーなどに採用されているベンチレーテッドディスク

ディスクブレーキとは、車輪と共に回転するブレーキローターをパットによって挟み込むことでブレーキをかける仕組みのことです。さらにベンチレーテッドディスクとは、ブレーキローターを通常の1枚から2枚にしてその間にフィンを入れるなどして、ブレーキをかけたことによる摩擦熱の放出にも優れた特徴を持つディスクブレーキです。

ブレーキローターをパットで挟むと熱を持つことが多く、それが原因としてフェード現象を引き起こすことが多いです。そのため、発生した熱をいかにして逃がすかが課題となります。

また摩擦粉の発生もあるため、ローターの放熱・冷却対策としてローター表面に穴を開けたり、溝を刻んだりすることも多いです。ただブレーキが利くまでにスムーズに安定した制動力が得られることも優れています。

ドラムブレーキと比べても制動力が弱いこともあり、拘束力を維持するためには大きなブレーキペダルの踏み込みを必要とするケースも多いです。そのため大型車では主ブレーキとして採用されることも少なく、コンパクトカーの主ブレーキとして主に採用されています。

なお小型車では前輪駆動が普及しているので、前輪をベンチレーテッドディスクによるブレーキとして、後輪をドラムブレーキで併用しているケースも見られます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿