排気ポートを通ってローターハウジングの外に排出!ロータリーエンジン

ロータリーエンジンは非常に特徴的なエンジンです。一般的なエンジンはシリンダーが筒状になっておりその内部で混合気燃焼させピストンが上下する仕組みになっているのに対し、ロータリーエンジンは眉型のハウジングの中をおむすび型の物が回転し、回転する際に3辺とハウジングの隙間で燃焼室を作り爆発させ動力を得るという構造になっています。
その為、燃焼における混合器の吸気や燃焼後の排気ガスの排気の構造も全く異なります。一般的なエンジンではそれぞれにバルブが取り付けられ燃焼のタイミングに合わせて機械的にバルブを開け閉めしているのに対し、ロータリーエンジンでは吸気ポートや排気ポートという出入り口をハウジングに設けているだけで、おむすび型のものが回転してその燃焼室が移動していくことで吸気が行なわれ、爆発後は燃焼室が回転により狭まる圧力を利用して排気ガスが排気ポートに押し出されるという構造になっています。その為普通のエンジンに比べ小型で燃焼効率が高くできるメリットがあります。
また、特に高回転時には一般的なエンジンはバルブの制御タイミングや機械部分に大きな負荷がかかってしまうのに対し、ロータリーエンジンは回転に合わせて自然に吸気や排気が行われるため、負荷が少ないといった利点があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿