平賀源内記念館の魅力

平賀源内は江戸時代中頃に活躍した発明家で、その他に蘭学者や医者、地質学者など多彩な顔を持っている人物です。讃岐藩の志度という現在の香川県さぬき市志度が出身地であり、そこには平賀源内記念館という建物が建てられています。

平賀源内記念館は、源内にまつわる遺品などの品物が展示されている記念館ですが、同じ入場券で生家である平賀源内旧邸や遺品館、薬草園などを訪れることも可能です。香川県の偉人でもある平賀源内のことを知ることができ、歴史を堪能できるスポットとしても見所満載のおススメの場所です。

なお平賀源内記念館は、高松自動車道の志度ICよりからも近いですが、しかも香川県でも瀬戸内海に面した場所に立地しています。そのため平賀源内記念館を後にした場合は、そのまま瀬戸内海の沿岸付近を進み、そのまま海の景観を楽しむことが出来るドライブコースもあるのでおススメです。

特に近くの大串半島に行き、四国唯一のワインが堪能できる「さぬきワイナリー」があり、それ以外に「クアタラソさぬき津田」という温浴施設で旅の疲れを癒すことも出来ます。冬の寒いシーズンに出向くことがおススメで、周辺には本場の讃岐うどんを味わえる店舗も見つかるので、ドライブをする上でも比較的に最適なシーズンとなります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿