保持したいバッテリーのパワー!出来る限り保持する工夫について

自動車においてバッテリーは重要な部品の一つです。一般にガソリンで走っていると思われている自動車ですが、エンジンを動かす時には電気を使用していますし、カーエアコンや窓の自動開閉、カーナビやラジオ、オーディオ等は全て電気の力を使用して動かしているものです。これらは全て車に組み込まれているバッテリーに蓄えられている電力を使用して動かしていますが、この部品は劣化をしてしまうものであることも広く知られています。そのためバッテリーのパワーを長く維持するためには使い方に注意すべきであると言えるでしょう。
電気を消耗する自動車に関連する動作としてはエンジンをかける時とエアコンの使用が最も大きいとされています。そのため、これらの使用の仕方に注意をすることが大切です。例えばエンジンを動かしていない時にエアコンやオーディオを使えば消耗は激しくなりますし、充電が乏しい状況でさらに負荷をかけてしまうと劣化を速めてしまうことになります。例えば停車時にエンジンを止めてエアコンだけを使用し、その状態のままエンジンをかけること等は劣化を速めてしまう典型的な動作であると言えます。一回一回の負担は軽度であったとしても、繰り返されることで大きなダメージとなりますので注意する様にしましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿