石の民俗資料館で歴史に触れる旅

高松市牟礼町にある石の民俗資料館は、85番札所の八栗寺に通じるケーブルカー乗り場のすぐ近くです。高台に建物があり、展望台からの景色が楽しめます。秋の紅葉を楽しみたければ、そのまま山上にある八栗寺まで参詣して楽しむこともできるスポットです。資料館は朝の9時から夕方の5時まで開いています。入館料は大人が200円、大学生及び高校生が150円、中学生が100円です。50台停めることができる駐車スペースがあるのでドライブで来ても困りません。展示物では古代からの石の文化をジオラマ式で説明されています。牟礼町の石工の知恵や技術を学ぶことができます。展示されている実物は手で触れることができるようになっています。また、ここでは様々な催し物が行われています。行く時々によって違うイベントを楽しむことができます。工作教室も行われており、子どもだけではなく大人も参加できます。定員数がある教室もあるので事前に予約をしておいたほうが確実に受けられます。他にも予約なしでも体験できる常時開催の教室もあります。芝生広場ではアスレチックがあり、天気のいい日には外でも遊べます。屋外には芸術家による石のモニュメントがたくさんあり、草原の中ゆっくり見て回ることができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿