後遺障害保険金の詳細解説

後遺障害保険金とは自動車事故の結果、後遺症と急性期症状が治癒した後もなお残ってしまった機能障害や神経症状などの症状や障害に対して支払われる保険金のことを言います。自動車損害賠償保障法施行令に後遺障害が規定されています。その障害の重さや生活に対する影響、今後の仕事や収入に与える影響などから1から14の等級に分けられています。神経系に著しい障害がある場合など介護を要するような重い障害は1級で4千万円になります。2級で3千万円です。後遺障害診断書を保険会社に提出することによって等級が決定されます。

 

後遺障害診断書は保険会社から急いで提出するように言われても提出を焦らずにじっくり時間をかけて、医師から出された診断書をこの分野に詳しい行政書士や弁護士にチェックしてもらってから保険会社に提出する方が結果的に有利になることがあります。また自賠責保険上の後遺障害等級に該当しなくても裁判で後遺障害として損害賠償請求が認められた例はあります。

 

 

交通事故の加害者が加入する自動車保険から支払われた損害賠償金は事故の被害者が被った損害を穴埋めするものとして支払われる性格のあるお金なので非課税となります。同様に被害者が加入している自動車保険から支払われる保険金も非課税となります。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿