車に欠かせない!バッテリーの仕組み

自動車を動かすためには必須であるバッテリーですが、この仕組みについて説明します。主に使用されているのが二次電池の中の鉛蓄電池です。そもそも二次電池とは一度化学エネルギーを電力として取り出します。そしてその後で外部の装置から供給された電力を再び化学エネルギーに変え蓄えるシステムになっています。二次電池では鉛蓄電池の他にリチウムイオン二次電池、ニッケル・水素蓄電池などがあります。鉛蓄電池の仕組みは蓄電池の内部に陽極板の二酸化鉛と陰極板の海綿状鉛があり、この2つの電極を満たすために電解液である希硫酸が入っています。そしてこの陽極板と陰極板、電解液が化学反応を起こし電力が発生する仕組みになっています。そして陽極と陰極が一つの対になった「セル」があります。一つのバッテリーにこのセルは6つあり、一つのセルの電圧が約2Vあります。そしてそれらが直列につながれています。そうすることにより、車載システムの基準動作電圧である12Vに満たすことができるのです。鉛バッテリーの外部には電力を取り出すための「ターミナル」というところがあります。このターミナルには自動車に電力を供給するために使用されるバッテリーケーブルがつながれており、このつながりがしっかりしていることで電気抵抗の低減などを防ぐことができます。逆にこのつながりがしっかりしていないとエンジンが動かないという危険性があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿