支払われない場合の対処法

交通事故に遭って負傷や死亡をした場合は人身事故の被害者となり、加害者から保険金が支払われることになります。
まずは自賠責保険から支払われることになるのですが、支払われないこともあります。
支払われない理由としては、赤信号で止まっっている車に自ら追突した場合、信号無視で交差点に進入し青信号で侵入してきている車と衝突した場合、また追い越しなどでセンター線を超えて走行し対向車線を走行している車と衝突した場合です。

 
その時はけがをした本人が事故の原因を作ったのでいくら自分が負傷したりしても保険金は支払われません。
そしてこれらの理由以外の事故なら自賠責保険は被害者の救済が目的なので、被害者の過失はほとんど考慮されずに支払われます。

 

a0002_002041

しかし一般的に加害者に過失がある状態で相手を負傷させているにもかかわらず保険金が支払われなこともあります。
その場合の賠償金は高額になり、自賠責保険だけでは足りなく任意保険から支払われることになります。

 
加害者が任意保険に加入していない場合は自費になりかなり高額になります。
そのような場合は加害者が理由を作って自分には非がないとごねて賠償金を支払わずに済むようにしている場合もあります。
そのようなときにはまず自分の保険会社の人に相手の方に出向いてもらい示談を成立させてもらうか、それでも無理なら、場合によっては裁判を起こすことも考えられるでしょう。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿