乗り心地を上げるマルチリンク式コイルスプリング

ご存じの通り、車には必ずサスペンションという物が装着されています。サスペンションとは何かというと、サスペンションアーム、スプリング、ショックアブソーバーという物から成り立っているスプリング状の物です。タイヤとボディーの間に取り付けて、車高を調節したり、走行時のショックを和らげるといった役割を果たしています。このスプリングには、一般的には3種類に分けられます。当然ながら、それぞれの特徴があり一概に良し悪しを語る事は出来ません。マルチリンク式コイルスプリングは、全てのアームが独立して調整出来るという特色があります。これによって、セッティングをそれぞれに出す事ができるのです。ファミリーカーなどの乗用車タイプには、個々にセッティングをする必要は余り有りません。しかし、高性能前輪駆動車であったり、パワーの強い後輪駆動車になると制御が難しくなって来るのです。当然ながら、細かいセッティングが出来る事から乗りも微調整で変えられるというのも魅力の1つです。このタイプのサスペンションは、比較的早い時期に高級車に搭載されていた事から高性能の車の安定性を得る為の選択肢としても適していると言えるのでは無いでしょうか。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿