ロータリーエンジンの構造とは

ロータリーエンジンはシリンダー内をおにぎり型のローターが回転して回転力を得る仕組みのエンジンであり、おにぎり型のローターの3辺のそれぞれが燃焼室となっており、爆発力がロスなく回転力に変換されるため非常に効率の良いエンジンとされています。
通常のエンジンはシリンダー内をピストンが上下する構造となっており、シリンダー内で混合気を爆発させることでピストンを押し下げ、その力をクランクで回転力に変換して回転力を取り出しています。その為ピストンとクランクが接続する部分、クランクが回転力を取り出すシャフトに接続する部分においてロスが生じてしまうため、効率的にはよくない構造になっているものです。対してロータリーエンジンは円形のシリンダーとおにぎり型のローターとの間に生まれるすきまで爆発を発生させ、その圧力でローターに回転力を与えているので、その回転力をそのまま取り出せるためロスが無いと言われています。
しかしロータリーエンジンはその構造上、冷却機能が万全ではないため熱によりエンジン内部の膨張が発生しやすく、高温になり気密性が保ちにくく、燃焼効率が低下してしまう欠点があります。その為理論上は通常のエンジンをはるかに凌駕する効率が得られるのですが、実際は発熱による限界が生じるため効率が悪いエンジンと言われています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿