ローターハウジングの仕組みとは

自動車のなかにはロータリーエンジンという内燃機関が採用されているものがあります。これは4ストロークエンジンで行われる、ピストンの上下運動によって推進エネルギーを得るタイプとは大きく構造が異なり、ローターハウジングという機関の中をローターが回転することで推進エネルギーを得ています。

ローターは三角形のおにぎりのような形をしています。ローターの軸は中心部分とはずれた位置に接続されていて、回転に伴ってローターハウジング内の容積が随時変化しています。つまり、この容積変化を利用して「吸入」「圧縮」「膨張」「排気」のサイクルを行っています。なお、ローターが1回転するごとに吸入から排気のプロセスが3回繰り返されます。

4ストロークエンジンはクランクを使ってエネルギーの伝達を行っているため、パワーロスが大きくなりがちという欠点があるのですが、ロータリーエンジンではローターの回転が直接駆動輪へ伝わっていくため、ロスの小さい高効率なエンジンということになります。また、構造が単純で部品数も少なくて済むため、コンパクトで軽いエンジンという特徴もあります。燃費が悪いという欠点があるのですが、新エンジンの開発は現在でも行われており、次第に改善されていくものと思われます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿