保険金の請求について

自動車事故によって損害が発生した時に頼りになるのが自動車任意保険です。自賠責保険もありますが、補償には足りないことが多いようです。自動車任意保険は国内の自動車任意保険会社である程度統一された基準が設けられています。1つ目は等級制度です。自動車任意保険は7等級から始まり、20等級まで1年に1つづつ上がります。ただし、事故で自動車任意保険を利用した際には3つ下がることになっています。各等級で保険料の減額が行われます。2つめは事故の際の保険金支払いの支払基準です。保険金の支払いは示談が終わってから行われますが、示談までに事故の過失割合が話し合われます。

 

多くの場合、保険会社同士が話し合いを持ち、示談までに提案されることになります。示談ができれば書く保険会社や個人に請求となります。保険の適用範囲についてはどの保険会社でも同様の基準となりますが、自動車任意保険のオプションについては各保険会社で独自に設定していることが多いので保険を利用する際には、オプションについても保険金支払い等を忘れずに申請することが必要です保険は保険会社の担当が金額等を決めていきますが、オプションについては申告がなければ適用されないことも少なくないようです

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿