死亡保険金の詳細解説

自動車保険の死亡保険金についてですが交通事故で家族を亡くしたり残された遺族は加害者によって損害賠償が受けられます。これらは通常は遭遇する可能性はほとんどありませんので、よくわからないことが多いでしょう。交通事故でなくなった場合の損害賠償金の決定については、相手が加入している自賠責保険の場合は被害者1人につき3000万円までもらうことができ、それ以上は任意ではいる自動車保険から保険金が支払われることになります。

 

損害賠償金の計算方法については、自賠責保険の支払い基準を見て決定されます。自賠責は葬儀費用、慰謝料などが含まれます。葬儀費用はちなみに60万円でそれ以上超えることがわかっている場合には100万円の範囲での支払いとなります。自賠責保険の支払い基準が支払い限度額を超える場合には、任意の保険から支払われることになります。

 

計算方法はその人の収入なども関係して計算をしていきます。その人が年間どれくらい収入があったのか、そして慰謝料、遺族への慰謝料も最高950万円という値段でつくことが多くこれで算出して支払い総額が決定することが大きく、自賠責以外にも、任意の保険からの支払いも多いにありえることが大半です。支払われ方は一括で支払うこともあれば、示談で話し合いをした上で決定することもあります。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿