車種ごとにそれぞれ一番最適なサスペンション形式が採用されている理由

自動車には路面追随性を高めることと、乗り心地をよくするためにサスペンションが取り付けられています。
基本的に自動車のサスペンションはスプリングとショックアブソーバーがあり、ショックアブソーバーはスプリングの振動を減衰するためのもので、これがなければ自動車はいつまでも揺れている状態になります。
これらサスペンション形式は車種によっていろいろあります。乗用車でよく利用されるものはストラット式サスペンションです。これは簡単でコンパクトな設計で安価にできることから多く採用されています。
より路面追随性を高めたものがダブルウィッシュボーンです。スポーツカーや高級車にも採用されているものがありますが、タイヤが上下引導する際に角度ができるだけ一定のまま上下するために路面追随性が高いのです。
またダブルウィッシュボーンにより多くのリンクを加えたマルチリンク式サスペンションがあり、よりきめ細やかなセッティングが可能となっているのです。
このようにサスペンション形式は車種の特長を生かすもので、走行性能や乗り心地に影響があります。サスペンションが柔らかいと乗り心地が良いのですが、コーナーリングなどロールが大きくなります。逆にサスペンションが硬いと乗り心地は悪いですがコーナーなどはやく走ることが可能です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿