通なドライブルートの決め方

瀬戸大橋を通って四国に渡ると、そこは香川県の坂出市です。香川県は都道府県の中でも最も小さい県の一つなので1日かけて一周することもできます。ドライブのルートコースを決めるに際しては、美しい瀬戸内海を臨みながら走ること、美味しいさぬきうどんを食べること、そして有名な観光地である金比羅山や栗林公園に足を運ぶことを念頭に置いてコースを設定すると良いでしょう。おすすめなのは、瀬戸大橋を降りたら16号線に入り、瀬戸内海のコースを海沿いに走ります。五色台を通って、30~40分走ると高松に出ます。海沿いのコースは信号もほとんどないので、瀬戸内海を眺めながら快適なドライブを楽しむことができます。

高松に出た後は栗林公園に行ってのんびりするのがおすすめです。その後、讃岐うどんを食べましょう。どのうどん屋さんはたくさん並んでおり、外れはありませんが、前もって食べてみたい有名なうどん屋さんを選んでおくと良いでしょう。帰りのルートは32号線を通って、金比羅山に向かいます。高松から一時間くらいで到着します。長い階段を上っていくと、眺望の美しい山の上から景色を見渡すことができます。その後は、瀬戸大橋に戻ればOKです。1日でも十分香川県の良さを知ることができるでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿