運転席と助手席、エアバッグの構造は違うの?

自動車はとても便利なものですが、事故のリスクもありますので安全運転を心がけることはもちろん、できるだけ安全性能の優れた車種を選んでおくことが大切です。

特に注意したいのは、衝突したときの衝撃ですが、エアバッグシステムがあれば、衝突で前方から衝撃を受けたときに瞬時に膨らみ、頭部にかかる衝撃を和らげてくれます。

運転席の場合はハンドル部分に格納されており、助手席側の場合はダッシュボード内部に格納されており、乗員がいない場合も運転席側と同時に作動するようになっています。

初期には運転席にしか装着されていませんでしたが、今は助手席側、側面からの衝突に対応したもの、膝にかかる衝撃を緩和する物も登場しています。

事故の衝突の衝撃を和らげるのにとても役立ってくれるものですが、良い効果を発揮させるにはその特徴を良く理解しておくことも大事です。
作動時には瞬時にかなリ高い圧力がかかりますのでハンドルにもたれかかるような姿勢でいると膨らんだときの衝撃で怪我をしてしまう場合もあります。

小さいお子さんを乗せる場合は、助手席で膝に抱いたりせず、後席に乗せること、チャイルドシートをつける場合もできるだけシートを後ろに下げ、前向きに取り付けておきましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿