内側を徐行?運転手が気をつけたいポイント

 

カーブでは交通事故が多いことがわかっています。その理由としては、第一にスピードを落とさないと曲がれないからです。特に急カーブであるほど、減速が必要となります。

すると、前の車と自車との速度差が大きくなってぶつかってしまったり、自車の減速が足りずにセンターラインをはみ出して、対向車と衝突してしまうなどの事故が起きてしまうのです。

第二に、前方の見通しが悪くなるからです。曲がっているということは、その先の視界が悪くなり、前の車や対向車、あるいは道路の状況などを見落としがちになるのです。

ちなみに交差点を左折・右折する際もカーブといえます。この際には交差点の中心のすぐ内側を徐行しなければいけません。交差点の中心の外側を曲がってしまえば他の車と衝突する危険性がありますし、スピードを出していれば危ないからです。

特に交差点は歩行者や自転車、バイクなども混在していますので、危険を避けるためにしっかり減速しましょう。

カーブ一般について言えることですが、しっかり減速することが大切です。曲がりきれなければ危険だからです。ただ、曲がっている途中でブレーキを掛けますと、挙動が不安定になって事故を起こしかねません。

カーブに進入する前にしっかり減速して、ブレーキを踏まずにカーブを通過するのが理想的です。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿