寿命がやってくる?車のバッテリーは無敵ではありません

車のバッテリーには寿命があります。あまり車に詳しくない方は寿命がある等ご存じない方も多く、この事を知らずに走り続けているとエンジンが急にかからなくなり、車が動かないという事態がおきます。ランプ等の電気類、カーナビやエアコンすべて停止になりますので点検が必要です。この寿命には大体ですが2~3年程と言われています。ただ車の使い方によって期間も変わってきます。あまり車を乗らずにエンジンをかけていなかったり、近場しか使わない場合や、季節の変わり目、特に夏から秋にかけてはエンジンがかからなくなることもありますので交換という形になります。しかし、急になる可能性が非常に高いのでその場合の症状等も知っておくといいです。まず、キーを回した場合にセルモーターの回転音がいつもと違っていたり、ライトの明るさが暗く感じたり、窓が開きにくかったりといつもと違う場合はカーショップやガソリンスタンド等に行き交換や修理をしてもらいます。ちなみに、最近のエコカーは常時充電ではない為、一定の量まで充電すると発電を止めて、また足りなくなると充電をするといった充電制御等を行っています。ですので、こういったものには専用の物を交換します。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿